佐野市の歯医者・歯科 山口歯科クリニック

お知らせ・ブログNEWS&BLOG

マウスピース矯正Q&A①

2020.07.07

今回は当院で扱っているマウスピース矯正について、「当院でよくあるご質問(FAQ)」をまとめてみました。マウスピース矯正をご検討されている方はどうぞ参考にしてみて下さい。

Q1.1日にどのぐらいの時間マウスピースをつけるのでしょうか?

A1.基本的にお食事の時以外はマウスピース(アライナー)を装着して頂きます。最低でも1日20時間は装着することを推奨しています。

Q2.マウスピースは違和感がありますか?

A2.お口の中に何も入っていない状態と比べると多少の違和感はどうしてもありますが、比較的すぐに慣れやすく、会話や日常生活においてのストレスはほとんどありません。取り外してブラッシングができるので、しっかりとお手入れをすればお口の中もマウスピースも衛生的に保つことができます。

Q3.マウスピースは目立ちませんか?

A3.マウスピースは透明な薄い素材でできているため、ほとんど目立ちません。装着していても周りの方に気づかれないことが多く、近くでよく見るとなんとなく分かるという程度です。

Q4.どんな歯並びでも治せますか?

A4.歯をきれいに並べるためのスペースが十分に確保できない場合や、骨格的な問題がある場合はマウスピース矯正では治療ができない場合があります。マウスピース矯正での治療が困難な場合は、他の治療方法をご提案させていただく場合があります。マウスピースでの矯正治療が可能かどうかの分析までは特別な費用がかかりませんので、どうぞお気軽にご相談ください。

Q5.治療期間はどのぐらいかかりますか?

A5.歯並びの状態により個人差がありますが、歯を動かす期間は平均すると半年から10か月程度になることが多いです。歯の移動が終わった後は、後戻り防止のための保定期間に入ります。保定は最後に装着したマウスピースをそのまま使用し、歯並びの安定状態を確認しながら徐々に装着時間を減らしていきます。

Q6.上の歯だけ(または下の歯だけ)の矯正治療は可能でしょうか?

A6.スペースなどに問題がなければ片顎だけの矯正治療は可能です。ただし、上の歯並びを治すために下の歯も一緒に動かさないと歯がぶつかってしまうようなケースでは、上下での矯正治療が必要になります。

Q7.マウスピースを付けている間は痛みがあるのでしょうか?

A7.痛みの感覚は人それぞれなので個人差はありますが、痛みは感じにくいです。マウスピースを交換してすぐは多少締め付けられるような感覚がありますが、歯が動いてくると徐々に違和感も減ってきます。

Q8.スポーツをする時もマウスピースを付けていて問題ありませんか?

A8.基本的には問題はありません。ただし、あまり強く食いしばるとマウスピースの摩耗や破損の原因になるので、なるべく強く食いしばらないように気を付けて頂いたほうが安心です。

Q9.マウスピースを付けているときに飲食はできますか?

A9.マウスピース装着中は基本的に水ならば飲んでも問題がありません。

マウスピースを装着したまま食事をしてしまうとマウスピースが変形したり、割れたりする原因になります。また、衛生面からもおすすめできません。食事の際には必ずマウスピースをはずすようにしてください。

熱い飲みものもマウスピースの変形の原因になるので、避けるようにしてください。

冷たい飲みものならばマウスピースが変形することはありませんが、清涼飲料水やスポーツドリンクは虫歯の原因になりやすく、色の濃い飲み物はマウスピースの変色の原因になります。極力、マウスピース装着中は水以外の飲み物を飲むのは控えるようにした方が安心です。

今回のQ&Aは以上になりますが、「よくあるご質問(FAQ)」については今後も定期的にまとめていきたいと思います。

PAGE TOP