佐野市の歯医者・歯科 山口歯科クリニック

マタニティ歯科MATERNITY

マタニティ歯科では、妊婦さんが安心して安全に治療を受けられるよう、妊娠週期やつわりの症状、体調などを十分に考慮した診療をおこなっています。

妊娠中に虫歯の治療や歯周病の治療、お口のクリーニングをおこなうのに最も適しているのは妊娠中期(安定期)です。
「妊娠中は歯の治療がお腹の赤ちゃんに影響するのではないか?」と不安になり、歯のトラブルがあっても、なかなか受診できないとい方もいらっしゃいますが、安定期に入ったら一度来院していただき、妊婦検診を受けて頂くことをおすすめします。

CHARACTERISTIC

妊娠性歯肉炎

妊娠するとエストロゲンという女性ホルモンが増え、その影響で歯周病菌の増殖も促し歯肉炎にかかりやすくなります。

妊娠中に歯周病にかかると「低体重児」「早産のリスク」が高くなると言われています。妊娠中は特にプラークコントロールに気をつけましょう。

当院では、安定期に歯周病の治療、クリーニングなどを重点的におこないます。

お子さまに原因菌を
うつさないために

もともと赤ちゃんのお口には虫歯菌はいません。

生まれた後にスプーンなどの食器を大人と共用しないことで虫歯菌の感染を予防することはできますが、お子さまが生まれる前から身近な大人が虫歯の治療をし、お口の中の虫歯菌を少しでも減らしておくことが大切です。

虫歯がある妊婦さんは、なるべく安定期の内にしっかり治療を受けるようにしておきましょう。

料金
保険適用

MEDICAL INFO

PAGE TOP