佐野市の歯医者・歯科 山口歯科クリニック

小児歯科CHILD DENTISTRY

小児歯科では、お子さまの虫歯・歯肉炎の治療や予防をおこなっています。
乳歯は永久歯と比べ虫歯になりやすく、進行も早いので、定期的にお口の中をチェックし、予防と早期発見、早期治療することが大切です。

乳歯が虫歯になりやすい理由
乳歯は永久歯に比べて歯が軟らかく、5分の1の硬さしかない。
甘いオヤツやジュースを好む食生活習慣。
うまく歯を磨けず、磨き残しをしやすい。
虫歯の症状に自覚が少なく、虫歯に気づくのが遅れやすい。

CHARACTERISTIC

01

お子さまのペースに
合わせた治療

当院では、お子さまのペースに合わせた治療を行っています。

最初は治療を怖がっていたお子さまでも、少しずつ治療に慣れてもらうことで、落ち着いて治療を受けてもらえるようになっていきます。

02

お子さまの将来を
考えた予防

お子さまの歯は虫歯になりやすく、進行が早いため、虫歯になる前の予防がとても重要です。当院では以下のような予防処置に力を入れています。

フッ素には歯の再石灰化を促して歯を修復したり、歯質を強化して酸に溶けにくく丈夫にする働きがあります。また酸を作りにくくすることで虫歯になるのを防ぎます。

当院で塗布するフッ素は、市販の歯磨き剤やジェルの約10 倍ほどの濃度があり、その分予防効果も高くなります。3~4ヶ月に1回、院内での定期的なフッ素塗布をお勧めしています。

虫歯がよく発生する部位は歯と歯の間、歯と歯肉の境目、歯の溝などがありますが、特に奥歯の溝は構造が複雑で、生えはじめは汚れも溜まりやすく虫歯になりやすいです。

そこで「シーラント」という樹脂の一種で、生えたての奥歯の溝を埋めることで虫歯を予防することができます。

虫歯予防で大切なのは毎日の正しいブラッシングです。歯ブラシの当てかた、よく磨いたほうが良い場所を説明します。小さなお子さまの場合は、親御さんの仕上げ磨きも重要です。

また、間食などの食生活を見直すことでも虫歯のリスクを減らすことができます。

料金
保険適用

MEDICAL INFO

PAGE TOP